先輩社員の声

「育てたい」その想いにこたえたい。

落谷 崚平
建材営業部 大阪建材課 2018年入社

もうすっかり会社になじんでいるように見えますね

人に恵まれた環境で働けている。

昨日は課長と社員寮の食堂で晩酌しました(笑)。課長が単身赴任のため2人とも寮住まいなので、仕事の後もよく顔を合わせるんです。上司と飲みに行っても、仕事をひきずった会話にはならないので苦になることはありませんね。
社内も部署を問わずみなさん人当りの良い方ばかりなので、上下関係からくるストレスはゼロですね。
私が就職先として島田商会を選んだのは「社風の良さ」が決め手でした。就活で出遅れていたのですが、面接の時期を合わせてもらったり、丁寧に対応していただいたり。人事の方や営業の先輩社員たちと話して誠実さを感じたんです。会社や仕事内容って、入ってみないと実際のところはわからないじゃないですか。当社は面接がすすんでいく過程でも裏表のないお話をしていただけました。結果的に、入る前に感じた「社風の良さ」を入社後もそのまま感じていますので、自分の勘は正しかったと。

私は入社2年目ですが、他の企業に入った同級生のなかには辞めたいとか、実際に転職した人もいます。大学の頃の友人と当社の先輩をまじえて遊ぶことがあって、うらやましがられますね。「いい人ばっかりだね」と。

商社人とは?自分の引き出しをたくさん持っている人

どんな製品を扱っているのですか?

人と話し、つないでいく。

建材課では建築・土木資材を扱っています。メインの商材は防水材ですね。入社してからはじめて現場を見たのですが、どんな建物にもウレタンやシートの防水材が使われていて建物を雨風や紫外線から守っている。実際に施工されている様子を見て「こうやって使われているんだ」と、たくさんある商材を覚えているところです。建築の現場とのやり取りも多く、細かい注文に丁寧に対応しています。フランクに接してくださるお客様ばかりですし、もともと人と話すのは好きなので、むしろお客様と話すのを楽しみながら仕事はできていますね。

商社のおもしろさは、仕入先であるメーカー様と売り先であるお客様との間に立って仲介役をつとめられること。双方の率直な想いや願いを引き出して、まとめたり整えたりしてつないでいく。商談の成功のカギが仲介役の自分にあずけられるんです。責任は大きいですが、必要とされている実感をもてるのでやりがいがありますね。

1日のスケジュール

7:00起床
9:00出社
メールチェック・電話対応、迅速に対応する。
10:30お客様訪問
商材PR、物件情報の習得。
12:00昼食
午後からの仕事に備えて、しっかりエネルギーチャージ。
13:00メーカー様訪問
お客様の情報を元にメーカー様へ。情報の共有、新商材の情報習得。
17:00帰社
メールチェック、見積作成。
18:00退社
19:00会食
社内の仲間と飲み会。情報を共有したり、仲間でワイワイと。
お客様やメーカー様との酒席も多い。
0:00就寝

新入社員のころを振り返ると?

「できる」と背中を押してもらった。

通常、新入社員は関西近郊担当で基礎をつくるらしいのですが、僕の場合中国・四国地方を担当させてもらったんです。
地方の事情はお客様の方が当然くわしいですし、大阪のようにお客様と頻繁にはお会いできない。周囲からは「新人には荷が重い」という声もあったようなのですが、上司が「お前ならやれる」と言ってくれて。ありがたかったですね。まだまだ慣れないことばかりですが、本当に勉強になることばかりです。
じつは、その上司がさきほどお話した同じ社員寮の課長なんです。こんど一杯ご馳走しよう(笑)。

商流も、商材も地方ごとに特色があって、地方を知っているからこそ、その商材を大阪に持ってくる、大阪で覚えた知識を地方で活用する、という風にシナジーを生みだせる可能性も出てくる。まだ何もわからない状態で地方の現場を体験できたことが、自分のベースを作ってくれたと思っています。

お客様と接する際に気をつけていることは?

課題をみすえながらも、いまは若さを武器に。

「商材の引き出しを多く持て」
というのは課内で合言葉のようになっています。商材の種類が多いので、お客様に合った提案を素早くできるようにと。知識の深さはメーカー様にかないませんし、お客様の方がご存じのことも多い。ですので知識については深さよりも広さがもとめられます。お客様が知らない商材の情報がつまった引き出しの数を増やすことがいまの課題です。

知識や引き出しを増やす勉強はつづけているのですが、それはすぐできることではないので。いまは元気に正直に、若さを味方にお客様に話してもらいやすい関係をつくることを心がけていますね。わからないことがあれば「ごめんなさい、勉強不足でした!すぐに調べます」と誠実に対応するようにしています。少し時間がかかってしまっても、しっかり調べてからお返事すること。その積み重ねで「あいつは、若いけど信用できるな」と思っていただけるように。

仕事をするうえでの喜びは?

育ててくれる人がいる。

多くのお客様は目上の方ばかりです。失礼な言い方かもしれませんが、かわいがっていただけていると感じます。
自分のことを気にかけてくれるお客様がいらっしゃるんですよ。たとえば、お客様が商材についてわからないことがあった場合に、急ぎであればメーカー様に直接聞いてしまえば解決するようなケース。そんなときにあえて、
「コレが分かると落谷君のためにもなると思うから、ちょっと調べてくれん?」
と、僕を通してくれるんです。そのおかげで勉強させてもらったり。ありがたいですね。

最近、
「落谷君だから買いたい」
と仰ってくださる方がおられて。いろいろな商流があって、選択肢も多いなかで島田商会を選んでいただいたうえに自分の名前を出してもらえる。一商社人として認めてもらえた。こんなに嬉しいことはないです。まだスタートしたばかりですけれどこういうご褒美をもらえると、この仕事をして良かったなと心底思えますね。

上司からのMESSAGE

まずは、若さを武器にして。愛される存在に

彼とは同じ社員寮にいますので、誘われて食堂で一杯やる、なんてことも多いんです。私がお酒に強いのに、付き合ってくれてます(笑)。
若い社員と接するときには、なるべく目線を合わせるように。自分の若い頃を思い出して、悩みや壁があればしっかり聞いて、良いところを引き上げてあげたいと思っています。
彼は人懐っこいところがあるので、お客様にかわいがっていただいている。知識や経験を蓄えていき、より大きな信頼をつかみ取って欲しいと思います。

細田 卓二
建材営業部 大阪建材課 課長

所属部署は、インタビュー当時の部署を掲載しております。

マイナビ2021

採用に関するお問い合わせ先

  • 本社

    〒541-0052
    大阪市中央区安土町3丁目5番6号 ナカヒロビル Googleマップ

    総務部総務課 採用担当
    TEL: 06-6262-1531
    FAX: 06-6262-4696

  • 東京支店

    〒101-0062
    東京都千代田区神田駿河台2丁目2番地 御茶ノ水杏雲ビル Googleマップ

    総務部東京管理課 採用担当
    TEL: 03-3292-2551
    FAX: 03-3295-2352

  • お問い合わせフォーム